OgaruChacco

  • YouTube
  • facebook
  • Twitter

November 13, 2019

November 12, 2019

November 9, 2019

November 8, 2019

November 7, 2019

November 6, 2019

November 5, 2019

November 1, 2019

Please reload

最新記事

「キッズアートコラボレーション 」出版しました

June 6, 2018

1/5
Please reload

特集記事

AppleBooksで出版

November 6, 2019

 

今年はまだ本を出していなかったし、先月の講演録をまとめて出版するか、と考えていたら、LibreOfficeが縦書きでepub出力できそう。しかし、kindleにアップロードしてプレビューしたら、縦書きだけど、右から左にめくる仕様になってしまい、見開き表示にすると不自然で読みにくい。

 

ふとPagesが縦書き対応になっているのに気が付いた。2年前はできなかったから横書きで出版したのだった。Pagesでepub出力してMac内のブックで読むとちゃんと表示されるのだが、kindleにアップロードすると、プレビューで横書きになってる。

 

ブックではちゃんと表示されるから今回はAppleBooksで出版してみるか、と調べるとiTunesConnectに登録して、色々契約して、アメリカの税金の設定して、口座情報入れて、iBooksAuthorでデザイン、レイアウトして、iTunesProducerでアップロード、とかなり煩雑。

 

英語の書類全部読むのは疲れるから、Pagesのメニュー見たりしてたら「AppleBooksに公開」ってメニューがあって、やってみたらiBooksAuthorもiTunesProducerもなくてもアップロードできた。kindleは表紙画像800x1080pixelで作っていたが、AppleBooksは短編1400pixel以上ないと通らないので作り直し。あとプレビューするとkindle Comic Creatorが起動してしまうので、ゴミ箱に移してブックでプレビューできるようにして、アップロード。寝る前にアップして、朝起きたら審査通っていて購入可能になってる。日本では¥100、アメリカでは$1.99になってる。

 

iTunes Producerは今回は使わなかったが、Apple IDでそのままログインできない問題があって、それはアカウント管理でApp用パスワードを生成して解決する。

日本語のユーザーガイド、フォーマットガイドラインも全部は読んでられん。

なんだかんだ数日を要した。

インタラクティブなコンテンツとか色々できそう(kindleでもできると思うが)なんで今後の課題。

 

AppleBooksはAndroid,Windowsのユーザーが読めないデメリットがあるけど、日本はiPhoneユーザーが多いからどんなものだろう?

 

そういう訳で、通算16冊目(英語版含)は「世界の何処かにあなたの居場所がある

どうぞよろしく

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア